10月, 2010 | 天然酵母パン 粉桜(こなざくら) 

2010年10月28日

さつまいものパン

Filed under: news — RikakoInoue @ 10:33 AM

   実家の母が作っているさつまいももそろそろ出番です。

   甘くてほくほくです。

   定番のゴマとの組み合わせがやっぱり人気のようです。

   —–がそこに粉桜的アレンジをしたいと思い、あれこれ考案中です。 

   いろいろやりたいことがあり迷ってしまいます。 楽しみです。

   11月のはじめくらいにはお店にお出しできると思います。

   どうぞお店をのぞいてみてください!

 

 k

   こんな感覚でパンが作れたらいいのに。


2010年10月27日

わくわく

Filed under: Sous les cerisiers — RikakoInoue @ 6:46 PM

午前中の配達、雑務を終えて週に一度の解放感。

久しぶりのお日様。

久しぶりの友。

そして久しぶりの市川。

これだけでも “わくわく” なのに(すでに多くを望まない体質になってます–笑–) 今日はすてきな出会いが待ってます。

k

 

,

:

ドアを開けたとたん、香りの世界へ引き込まれる。

決して大げさに歓迎されるわけではないけれど、同じ空気を感じる。(独断と偏見です–笑–)

席に座ってとりあえず 「朱音」 です。

ひと口すすり、 あっ、ほんとに 「朱音だ」 などと勝手に納得してなぜかうれしくなる。

雑誌を広げるも、窓の外の昔ながらの商店街、ゆっくりと行き交う人々を目で追う。

ここが自分の席だったらな、なんて考えてしまう。 こんな感じいいなぁ。

店先のショーケースに張り付いていくつか豆を選ぶ。(かなり怪しい図です–笑–)

ほんの30分足らずの短い時間でしたが、自分の空間があったような気がします。

とてもすてきな出会いです。

ローストのシャワーに包まれて帰路は香りにほろ酔い加減です。(実はすっかり酔ってました–笑–)

この出会いのこれから、“わくわく”です。 


—本八幡 萌季屋にて—

 

 l


2010年10月26日

紅玉のデニッシュ

Filed under: news — RikakoInoue @ 11:56 PM

デニッシュを作るときには何だかうれしくなります。

心が軽くなるというか、明るくなるというか。

パンを作るときの張りつめた空気がすっと流れて、華やかな空気が押し寄せてきます。

果物の位置は? 向きは? クリームのしぼりは? 飾りグリーンは? 

どうやったらきれいに見えるか・・・その日の担当者は何とか独自色を出そうと必死です(笑)。

粉桜スタッフはなんたって皆、自意識過剰気味ですから!(大笑)

日によって、少しずつ表情の異なる粉桜のデニッシュをぜひ見に来てください!! 

そしていよいよ待ちに待った紅玉の季節がやってきました。

今年はとってもすてきな紅玉にめぐりあえました。

箱を開けたとたんに、あまずっぱい香りが部屋中に広がります。

青森の自然農園幸四園さんの紅玉です。

決してスマートとは言えないけれど、大切に育てられた様子が伝わってきます。

一口かじってみて、酸味の強さと味の濃さとジューシーさとに感激です。

ざく切りにしてほんの少しの洗双糖と一緒に煮ていきます。 

あまり煮すぎないよう、少し崩れたところで火を止めます。 

lj

で、これをデニッシュ生地の上にのせて・・・・・。 オーブンに入れて・・・・・。 

あっと、紅玉に気を取られすぎて、かんじんのデニッシュの写真を撮るのを忘れてしまいました(苦笑)。

次回、アップします。

紅玉の酸味とカスタードクリームの甘みがうれしいデニッシュです。


2010年10月20日

「心休め」

Filed under: Sous les cerisiers — RikakoInoue @ 10:07 PM

同級生はいいものだ。 それが幼なじみときたら一段と。 

何ヶ月会わなくても、何年会わなくても会えば自然に言葉が続く。 

つい昨日も一緒にいたように・・・・・。

ふと、不思議に思うことが一つ。 

何年たってもその位置関係というか、役割というか、そういうものが変わらないこと。

世間にうとく心配される側のわたし。 

肩の力が抜けて何となく心地よい。

心の中に透き通った風が入ってきたような気がする。 

つかの間の「心休め」。 

h@

やさしく温かい料理と居心地のいい空間がいっそうそれを手助けしてくれる。

明日からもまたがんばれそう。

lhh

         インドカリーと本の店 こだまや にて     友と


最愛の “ポルボローネ”

Filed under: Un ami — RikakoInoue @ 12:05 AM

今回、志野君となっちゃんからの出産の内祝いにするクッキーの注文です。

張り切らないはずがありません。

特別な日につくる最愛の “ポルボローネ” です。

元気に育ってほしい。

幸せに育ってほしい。

若いお父さん・お母さんに心からおめでとうの気持ちを込めて。


2010年10月19日

粉 試作 №2

Filed under: news — RikakoInoue @ 11:35 PM

今回、この3種を食パンで試作。

      ①            ②            ③

①  江別 北海道江別市でとれた粉のみをブレンド
   しっかりしたかみごたえあり。 食パンには少し粉の風味が強すぎ? けっこう個性的!

②  麦の丘 北海道産の粉のみをブレンド
   個性的でありながら、少しまったりした感じ。 クラストがやや厚めでカリッと焼き上がる。 風味が強い。

③  香麦  春よ恋(はるゆたかを改良した春まき小麦)主体の北海道小麦 
   しっとりとしていて口溶けもよい。 上品な風味ではるゆたかに一番近い。

まず、焼き上がってそのままスライスして食べてみました。 残念ながら大きな違いは見つけられませんでした。 が、香麦はほかの2つよりしっとり感があったような気がします。

次にトーストして食べてみました。 明らかな食感の違い、風味の違いを感じました。 感想は上記①~③です。 

私の好みでは香麦です。 この口溶け、気に入りました!

江別はしっかりした風味があるので、ほかの種類のパンで使ったらおもしろいような気がします。 香麦とは別の魅力があります。 

麦の丘は菓子パン類を作るときにブレンドしたらいい味が出そうな粉です。

 

 

 おもしろくなってきました!!


2010年10月14日

粉 試作

Filed under: news — RikakoInoue @ 8:52 AM

粉の情報をいただきましてありがとうございます。

いろいろな粉がありそうです。 

知らない粉もたくさんあるし、今までに使ったことのある粉も多かったのですが・・・・・。  

何と何と!!!けっこう特徴やら性質やら忘れています。 

明日から試作開始です。 

少し気持ちが楽になってきました。 そして、けっこう楽しみにもなってきました。 

粉桜にあう粉にめぐりあえて、おいしいパンが焼けるような気もしてきました。

ご協力ありがとうございます。

またご報告いたします。


2010年10月13日

10月のかさぶらん花

Filed under: Le jour du plat — RikakoInoue @ 11:31 PM

シックに整えられたテーブル。

季節を感じさせられる瞬間。

そして次の季節への予感。 

 

本日のお品書き

   秋の花 遊び心を添えて

   春菊と椎茸の胡麻和え

   鯵のたたき

   きのこと甘栗の炊き込み

   菊花かぶら

   

l 
                    

 

 季節の恵みを存分にいただきます。

不思議なことに秋の食材はいつもにも増して感謝の念がわきます。

ここに集えること、一緒にいただけること、心安らぐこと、思いつくことすべてに感謝して。

そして早くもクリスマス、お正月の話題も・・・・・。

「ゆっくり流れる時間」 と 「月日の流れの速さと」 不思議だけれどおもしろいものです。


秋のおすそ分け

Filed under: Sous les cerisiers — RikakoInoue @ 9:17 PM

久しぶりに空を見た。 あまりにもきれいなのでしばらく眺めていた。 少しずつ少しずつ染まっていった。 ちゃんと時は流れているんだな、そう思ってゆっくりと深呼吸をしてみた。 澄んだ空気のにおいがした。 何だか思いがけないプレゼントをもらった気分。 感謝。

そしてこんなすてきな季節にぴったりの、とてもすてきなおすそ分けをいただきました。

あたたかい心遣いに感謝です。

この季節に感謝です。

この自然に感謝です。


2010年10月7日

前(ゼン)と後(ゴ)

Filed under: news — RikakoInoue @ 7:17 AM

ちょっと奇妙な光景(と思うのは私だけ?)

これ “ゼン” です。

 

そしてこれが “ゴ”。

 

粉桜のカレーパン、“夏野菜” から “きのこのカレーパン” に変わってます!!

トマトソースカレーパンもお忘れなく!!!


« より古い投稿次ページへ »次ページへ »