2011年3月23日

4回目の春

Filed under: Sous les cerisiers,Un ami — RikakoInoue @ 9:38 午後

 

 何だか重たい気持ちで迎えた4周年。

いろいろな人の言葉に迷い、涙し、

それでも励まされ、安心し、

何が大切で何をすべきか・・・。

今回の大震災ではいろいろなことを感じ考えました。

伝えきれない言葉や

形にできない思いに

心を痛めていた人もたくさんいると思います。

でも直接ではない支えだってあるはずです。

物資や電気やガソリンとともに

言葉や思いは生きていくための糧でもあるのですから。

無力な自分にそう言い聞かせて・・・。

そして今回、

そとぼう新聞さんからの呼びかけのメールや

あいよ農場の志野君の強い意志に

今まで踏み出せなかったこと、踏み出したかったこと、

背中を押してもらえました。

4回目の春、桜が咲くのは

もうすぐです。 



2011年3月15日

ともに

Filed under: Sous les cerisiers — RikakoInoue @ 10:55 午後

今日も無事にパンを焼くことができたこと、

現状況からすると喜ぶべきことでしょうが、被災地の状況を思うと心が痛むばかりです。

今の私たちにできること、

ほんの小さな心がけだけで、

日本中の一人一人が意識を持っただけで、

それだけで大きな力になるはずです。

できることから始めてみます。

そして自分ができる支援と祈りを約束して

この状況にともにあることと表明します。

考えられないほど多くの混乱、

そして大きな恐怖や不安から

少しでも解放されますよう心からお祈りいたします。


2011年3月9日

答えのないこ・た・え

Filed under: Sous les cerisiers — RikakoInoue @ 11:22 午後

先日、久しぶりに中学生と話をする機会がありました。

そのなかで「どうしてそんなに大変な仕事を選んだのですか」という質問をされました。

「今自分がしている苦労より、お客さんが喜んでくれた時の喜びのほうが大きいから」という内容で答えました。

間違いなくこれが答えです。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、物を作る仕事は誰かが喜ぶような、誰かが幸せになるような・・・ただそれだけなのです。

 


でもそれには何が正しくて、どういう方法があってという正解がありません。

なんだかんだ言っても店を維持していかなくてはならないし、生活もあるし、常に先への不安もつきまとうのです。

だからといって儲かれば正解なんてことも全くなく、納得しなければ先へは進めないし、まして続けていくことさえもできないと思います。

、 

“心”の占める比重がとてつもなく大きいのです。

だけど、もしも答えというものを求めてそれに近づこうとするなら、今の自分には時間と労力しか術はありません。

一つのものを得るために犠牲にしなくてはならないこと、失ってしまうものも多いです。

: 

でも、この仕事を選び、職人の道を選び、店をやっていくと決めたときにもう覚悟はできていました。

自分が選んだものが中途半端な気持ちではできないというのは修行時代で十分わかっていたことだし、

心の中の迷いや気持ちのブレもこの時に一つずつ消していったし。

これが正しいことなのか、幸せなことなのかそれはまだわかりません。

それでも選んで覚悟を決めたことだから。   

     

JL

ちなみに・・・わたしが彼らと同じ中学生の頃はひたすら部活に励む少女でした。 

DD


2011年3月8日

ひさびさに

Filed under: news — RikakoInoue @ 11:29 午後

久々にフォカッチャを焼いてみました。

実は昨日も焼いたのですが・・・・・。

自分が思い描いていたものとは違っていたので

本日、再トライです。

これがなかなかです。

ふかふかでもっちりしていて

おいしいオリーブ油とおいしい塩できまり!です。

ちょっぴり塩味をきかせて “塩.フォカッチャ” です。



 軽く塩コショウをした錦爽鶏をフライパンで焼き、仕上げにハニーマスタードをジュッと絡めます。

少し固めにゆでた菜の花を添えて。

鶏肉と菜の花のシンプルな組み合わせも

はちみつの甘みとマスタードの酸味、菜の花の軽い苦み、薄く伸ばしたゴママヨのコクで

複雑で味わい深くなりました。

はちみつ鶏と菜の花のサンド

春を感じるサンドです。

あっ、やっと“プランタン”の断面撮れました。

はる、printempsです。


2011年3月2日

HPへの思い

Filed under: konazakura,news,Sous les cerisiers — RikakoInoue @ 11:41 午後

HPをリニューアルするにあたり、日々更新していくブログ形式にした理由の一つにこの店の裏の部分も見てほしいという気持ちがありました。

「こんなパンがありますよー」とか

「今日お店でこんなことがありましたよー」的な報告だけにとどまらず、

自分たちの思い、

日々の格闘、

表から見るパン屋と現実のパン屋。 (暴露本のようですね-笑-)

きれいごとばかりではすまされないことも多く、

時には陰で涙して、

時には心折れそうに、

時には立ち上がることすらできずに、

この小さな店の小さな厨房で

どういうことが起きて、何を考え、どういう風にパンを作っているのか、

そんなこともこんなこともひっくるめて

粉桜をみていただけたら・・・という思いがありました。

まだまだ伝えきれていないこと、伝えるには時間が必要なこと、etc.・・・・・

たくさんあります。

これからもいろいろな形で粉桜を発信していくつもりでいます。

もうすぐ粉桜も丸4年になります。

そんなことも考えて、

あらためてこのHPについて書かせていただきました。

これからもどうぞお付き合いください。

最後に、

このHPも大切な思いの一つだということを付け加えます。


2011年3月1日

忘れずに

Filed under: news — RikakoInoue @ 11:33 午後

先日、NEWでお知らせした——-

/

タンドリーレンコンサンド

サンドイッチの写真撮りました。 (ほっ・・・)  

“スパイシーなしゃきしゃきレンコン”と“クリーミーな豆腐ディップ”

かなりイケテル組み合わせです。 (笑)

すみません。

プランタンの断面写真は撮れませんでした。 (がくっ!!)

忘れたわけではなくとる機会を逸してしまったのです。

で、代わりに——

 

プランタンの生地

の写真です。

春ラララな断面をご覧いただけないのは残念です。

カットした時のいよかんピールの香りもぜひ!です。